日本で出会う中国の伝統文化

もうすぐ春節、中国人の観光客が来日ピークに向かう時期です。団体旅行で来て日本でショッピングするのも盛り上がりますが、個人旅行で日本に来る観光客が増えつつあります。今後、買い物より日本の文化にも目を向けるようになっていくことでしょう。

日本の伝統を味わえる場所はどこか?まず「神社」が頭に浮かんできました。

日本の神社は中国ではもう見られなくなった唐朝の建築様式を継承してきています。年配の方々や歴史に興味のある若者たちにとっては、神社に行くとまるで遥かな唐の世界に入り込んだような感じを抱くことになるのではないでしょうか。都会の風を受けながら、明治神宮で日本伝統の風雅に飛び込むのも良いでしょう。

4457_d1cd2c6b4562c6c763cc76ec950f9798_l

もちろん、東京だけでなく、地方の神社やお寺を訪れる観光客も少なくありません。例えば、中国で人気のあるアニメ「一休さん」にも出てきた「金閣寺」は、京都に行く観光客が必ず行く人気スポットとなっています。

565FEC7C9D3D93FA15B915F6631C6FE0

また、8世紀に建てられた伏見稲荷大社も観光地として知られています。赤い千本鳥居は中国人だけでなく欧米人にとっても、心を魅了してくれる日本的な風景となっています。中国漢民族の伝統服である呉服マニアの中国若者たちが、呉服を着てそこに行って写真を撮る姿もよく見かけます。じつはチャイナドレスは漢民族の伝統服ではなく、満族の伝統服を改良して清朝末期から中華民国にかけて着用された服なのです。京都の伝統的なスポットは、中国人にとって唐代の文化を今に残す、自国では見ることのできない場所であり、そこで呉服を着て古への想いに浸ることができる、癒しのスポットであるわけです。呉服で身を包み京都の町を歩く中国人の想いが溢れる光景は、日本人にとっても、新鮮で素敵な風景に映るのではないでしょうか。

900x600-075044_20121404863444170_154ea73cf39e8f6025e9074e8609baf2

散策の後は少し休んで、パンケーキもいいけど、せっかく日本に来たからには、日本の和菓子を食べてみるのが良い選択だと思います。

20111021131820_LM5UYW020140713380736617596

都会から離れて日本の地方にも行ってみると、異なる日本も見えてきます。中国文化と深く関わっている日本の伝統文化は、中国から来た観光客にもきっと興味を湧かせるでしょう。