日本文化に見る“中国風”―女性服飾篇―

大明宮

    復元した唐代皇宮大明宮(3D画像

日本の東洋史学者内藤湖南先生(1866-1934)は、日本文化と中国文化は同じ黄河流域に起源を持つひとつの古い文化であり、日本文化はこの古代文化に刺激され派生し、成長し始めたサブシステムであると考えていました

内藤先生がおっしゃる通り、日本文化は中国と離れられない関係持っています。中でも唐代から受けた刺激と影響がいちばん大きいのではないかと思われます。

東大寺

       奈良にある東大寺・大仏殿

奈良時代から現代に建物の建築様式をみると、当時の中国・唐代建築をして建てられたとみることができます。例えば、上の唐代の皇宮・大明宮の画像と奈良・東大寺の屋根の形を見比べると、建築様式が良く似ていることが分かります。

じつは建築のほかに、日本文化の中に遥かな唐代の文化がたくさん残っています。

これから簡単に紹介したいのは今も特別な時の服装としてきを放つ日本女性の伝統的な装い、「着物」についてです。

大仏開眼

『大仏開眼』(だいぶつかいげん)NHK大阪放送局制作した「古代史ドラマスペシャル」として2010年NHKで放送されました。これは奈良時代に唐から日本に戻ってきた一人の遣唐使の活躍を描いたもの吉岡秀隆主演務めた日本スペシャルドラマが、登場人物の服装がすべ唐代当時の服装であり、中国で作られる歴史ドラマや映画の中にもなかなか見ることのできない完璧な復元でした

では、いつから日本人は唐代の衣服るようになったでしょうか

唐代女性の衣服 奈良時代女性の服装

   唐代女性の衣服(左)と 奈良時代女性の装い(右)

歴史をひも解いてみると、養老2718年)元正天皇によって改撰せられた衣服令制によって、当時日本人の服装は隋唐時代の服装を真似たものになりました。

命婦礼服 光明皇后

養老の衣服令による命婦礼服(左)と光明皇后復元像(右)

 

唐代女性の流行服飾

唐代の女性に流行した服装

また、当時日本の貴族層の女性たちの間では、唐で流行っている服装を真似て装う一つの流行であったことが、上の写真を比べてみれば分かると思います。

 

唐代女性像 江戸時代の女性像

唐代女性像(左)と 日本・江戸時代の女性像(右)

室町時代になると、日本女性の服装に元々唐からの服装に基づきながらも日本独自の個性が創りされてきました。現代着物の原型はそこから生まれたと言われています。以後、装は日本独自の着物へと形を変えていきましたが、髪型や髪飾りやメイクはから受け継いだ様式今日まで残っているようです。例えば現代の芸妓のメイクや髪飾り(下の写真)唐代女性像(左上の画像)に描かれているからの遺風が鮮明に残っていると見られます。

芸妓

そして、日本のデパートや観光地で売っている日本の簪(かんざし)のモノに日本らしい独自の風合い加えて作られたモノと見ることができます。このような日本らしい独特の風合い加えた唐風の飾り物は、最近伝統文化を復興しようと主張している中国の若者たちの間、お土産として大いにヒットするでしょう。

かんざし1 かんざし2

中国で、下の写真のように、特別な祭りやイベントの時に遥かな唐代の服を着て歩くような場面は、今や全く無くなってしまいました日本でこのような祭りに参加する中国人観光客にとって、長い時間を経て目にする機会すら無くなっている母国の古代文化異国の地で出会うことができる、極めて貴重な体験になるわけです。そこには初めて古代文化に触れる新鮮とともに、きっと起源を同じくする文化的背景を持つ人間ならではの親近感も感じられることでしょう。

奈良時代のお祭り