“爆買い”の後は「良質な日本製」へ

富士山

去年から日本を訪れる中国人の個人観光客が大幅に増えてきています。観光地に行くほかに、ショッピングや文化体験をしに来る中国人も少なくありません。

8eaca6859a382a2 - コピー

中国人観光客には、「海外に行くことイコール、ショッピングすること」になっている傾向が見られます。買うものは自分用だけではなく、家族や親戚にあげるお土産、そして友人や会社の同僚に頼まれた物などがいろいろ含まれています。ですから最初日本人は、中国人観光客たちの買物行動を見て、その数量の多さに驚いたかもしれません。でも今現在は、“爆買い”は既に落ち着いてきていると見ることができます。

ではこれから中国人観光客は、“爆買い”ではなく何を求めて日本に来るのでしょうか?まず、たくさんの中国人が持っている、お金と旅行に関する価値観から考えてみましょう。  

スーパーブランドロゴ

なぜ中国では有名なブランド品が売れるでしょうか。

私は、中国人の多くが「高いものは良いものだ」という考え方を持っているからではないかと思います。中国では「値段は物の質によって決まるものだ」とよく言われます。従って、高いものは良いもので、どうせ使うなら「良いものを買って長く使う方がお得だ」と考えている人が多いのです。

そして近年、中国の物価が異常なほど高騰する中で、高級ブランド品を買うには海外に行って買った方が安いと思われています(実際,安いです!)それが日本で“爆買い”をする理由の1つであると思われます。

爆買い2

 日本に旅行に来る中国人観光客は日本でショッピングしているうちに、世界の有名ブランドだけではなく、日本発のブランド商品も目に入りました。中国のデパートでも日本ブランドの服やカバンが置いてありますが、関税などが掛っているので、同じ物を買うのに日本の方がかなり安いです。ですから、旅行で日本に来ている中国人は日本でたくさん買った方がお得という考えを持っている人が少なくないと思います。

日本料理

 これからますます、ショッピングをするほかに日本料理を味わってみたいと思う人が多くなるでしょう。個人旅行で日本に来ている中国人が、一度食べてみたいと感じる日本料理は、「お寿司」ではなく「懐石料理」なのです。その理由は2つあると思われます。

中華料理の食事

1つは、中国の食卓文化と異なる雰囲気を体験してみたいからです。中国の食卓文化は、1つの円卓を囲んで話したり笑ったりしながら賑やかに食事するのが普通です。日本の懐石料理を食べるときは静かで全然中国の食事の雰囲気と違うため、せっかく日本に来たのだからぜひそれを体験してみたい。少し慣れないかもしれないけれど、日本ならではの新鮮さを体感することができるだろうという期待感があるわけです

もう1つは、本格的な日本料理を食べてみたいからです。団体旅行はもちろん、個人旅行の中国人観光客も日本に滞在する時間は長くありません。それに、いつも同じ所に居るわけではないため、できるだけ短期間に濃い中身で日本文化に触れることができるように、旅のスケジュールを作っている人が少なくありません。「懐石料理」を食べてみたいのは、それが日本でいちばんの伝統料理だと思い込んでいて、短い滞在期間で本格的で質の高い日本料理を味わいたいという気持ちからではないかと思います。

20140623_53a78e4f23531

これからまだまだ日本に来る中国人観光客は増え続けますが、“爆買い”は続かないでしょう。

これから多くの中国人が注目し求めていくのは、日本人自身が評価している良質な「日本製」の商品またはサービスだと思われます。その中でも低価格がウリのものではなく、本物と言えるようなもの、本当に価値を感じられる日本ならではの質の高いものだと思います。ぜひ日本のお店の皆さんも一方的にお買得のおすすめ商品を紹介するのではなく、中国人の“旅行”というシチュエーションでの“買物”に対する気持ちやニーズを汲み取って、それに合わせて各お店ならではの質の高い応対をされるのが良いと思います。

日本は他の国々と違って、多くの中国人が2度3度訪れるリピーターの多い国です。そして増えたといってもまだ年間に中国本土から500万人しか来ていません。日本の本当に良いところはまだ多くの中国人に伝わっていないように思うのです。